く ら も と わ か ば じ る し お酒は20歳になってから楽しく幸せな気持ちで適量を飲みましょう Home Sitemap
目次 HP立ち上げについて
このHPを立ち上げるきっかけになったのは、ある人との出会いでした。
また、私を温かく見守ってくれた家族友人の支えがあったからこそ
長年背を向けて逃げ出す事ばかり考えていた蔵と向き合えるようになり、今の私がいます。


彼女との出会いは、日本酒の日に企画された地元新聞社のアンケートハガキでした

酒屋の嫁でも私の場合かなり嫌々やっている傾向にあるので、7年酒屋にいても、酒屋・酒造りの事を殆ど分かっていない。

 それほど詳しくない人が説明しているHPならば、酒蔵の事を知らない人が見ても、難しい専門用語を使わず(使えず?)分かりやすい表現で、一般の人が疑問に思うことなども汲み取ることができ、(自分も分からないから)簡単に書けるかなぁ〜なんていう当初の予定からは大きく外れ、意外と几帳面な私は(自分で言ってる程だからたいしたことはないが・・・)毎日時間を作っては、まるで使命のように日本酒に関する本を片手にPCと向き合っている。

 酒屋なんて嫌だ!酒屋の嫁なんていいもんじゃない!
ずっとそう思っていて、実家に帰った時などは、友達に嫁ぎ先の話を振られる事ほど嫌なことはなかったのに、今こうして自分から勉強しているのだから本当に分からないものだ。

 そもそも、HPを作ろうと思ったきっかけは、ある一人の女性からの手紙だった。
ローカル紙の日本酒プレゼントなるものに当社も参加し、結果220通位の応募があり、当選者は新聞社が決めた一名だけだった。

 後日、全てのハガキが手元に送られてきて、一通一通読んでいる中に、「長く闘病生活をしており、お世話になっている主人のお友達に贈りたいので応募しました」というコメント付のハガキがあった。
お気の毒に思い、義母に相談して、好意でこの方にお酒を送る事になった。
中に、「お元気になった折には是非ご主人様と御一緒に足を運んでみて下さい。」
と手紙を添えて。

 数日後、この女性から手紙がきた。
「癌をわずらっており、今度アメリカからくる新薬が効かなかったら、特別な病棟に移ることになっています。生きていても嫌なことばかりと思っていたけれど、こういう事があると、まだまだ捨てたものじゃないなと思いました。」
という内容だった。

 短い手紙だったけれど、読み終わった私はノドの奥が詰まるような、言葉にならない気持ちになった。

 酒屋の嫁にとって、本醸造の四号ビン一本好意で誰かに贈る事など、たやすいことだ。
けれど、自分にとってはそれくらいの事でも、こんなにも人から感謝されるのだ。

 単純かもしれないが、この時私は酒屋の嫁も捨てたもんじゃないと、あの女性の手紙に書かれていた事と同じ事を思った。

 酒屋の嫁だったから出来た事だった。
 酒屋の嫁だからこそ出来る事をしてみたい。この女性とのやりとりを何かの形に残したい。
その思いが表HPを立ち上げるきっかけになった。

 あの女性に新薬は効いたのだろうか?

 あの女性に手紙を書きたい。来月できる新酒は一番に彼女に送ろうと思う。
それまでには表HPを、恥ずかしくない程度には作っておきたい。
出来ることなら、彼女に見てほしい。

 顔も、声も知らない彼女。
 綺麗な文字を書く女性。

 人と人はいろんな交わり方をして、同じ今日と言う日を過ごしている

(2002/11/15)

彼女とのその後
「彼女」とは、あのあと音信不通になってしまいました。
お酒を送った後、一度お手紙をもらって、そこに自宅の電話番号が書いてあったのですが、なくさないようにと、新酒が出たら一番に送ろうと、大切にしまっておいたはずの手紙がどうしても見つからなくなってしまって・・・

何度も、色々なところを探しましたが見つからず・・・
「あっ、そうだ!新聞社へ送ってきたハガキにも住所と電話番号があるはず!」
と思い、ハガキを見てみると、そこには入院先の住所のみ・・・
病院へ電話をかけてみると、
「その方は、退院されました」
との事で・・・せめてもと思い、
「その人は、よくなって退院されたのですか?それとも、違う病院へ転院なさったのですか?」
と聞くと、
「そういうことは、お教えできません。」
って・・・
ハガキに書いてあった電話番号へかけても、それは嘘の番号でした。
その後も、どうしても諦められなくて、県内の同じ苗字の方に片っ端から電話しました・・・
けれど、結局は見つけられなくて・・・

後悔しても後悔しても・・・でもどうしようもなくて・・・

いつか、いつかお会いしたい・・・今も、そう思っています。
元気になって、ご主人と一緒にお酒を買いに来てほしい・・・そう願っています。

そして、あなたのお陰で、私でもこんなふうに変われましたって、あなたに背中を押されてHP作りましたって、今までの事を話したい。
あなたが、生きている喜びを一本のお酒から感じてくれたように、これからも誰かを励ましたり、元気付けたりできるように頑張ります。

少なくとも、ここにはあなたから生まれたHPがある。
あなたが存在している証拠が、ここにあります。

いつか、あなたに会えるまで・・・

それまでは、このHPを続けていよう・・・
そう思っています。
この場を借りて感謝の気持ちを伝えます
結婚してから、ずっと、私の愚痴を優しく聞いてくれてありがとう。
結婚してようやく7年目にして、酒蔵と向き合う気持ちになれた時、あなた達に、一番最初に、伝えました。

「自分と向き合う為に、手紙をくれた彼女の為に、酒蔵の嫁として、自分に出来る事があるのか?それは何か考えて・・・HP作ろうと思うの・・・
ここで、みんなに話しちゃえば、自分も後に引けなくて、やる気になるかなぁって思って。
でも、自信ないんだけどね。途中で挫折しちゃうかもそれないし(笑」

と、半分茶化して話す私に対して、普段は、陽気で真面目な話はさておいて、冗談ばかり言って、私を笑わせる事で、励まし、元気づけてくれた友人達は、この時は、神妙な顔つきで黙って私の話を聞いてくれました。そして、

「若葉なら、きっと出来ると思うよ。偉いよ、やっと、自分と向き合える気持ちになれたんだね。」
「あ〜私も、何か見つけて頑張らなくちゃなぁ〜。」
「よかったね、若葉。応援するよ。」
「逃げる事ばかり考えていた若葉が、ずっと心配だったのよ。」

って言ってくれました。
「本当に出来るの〜?(笑」
っていつもの調子で話す友人達を想像して話した私は、逆にびっくりしてしまって・・・

でも、本当に嬉しかった。
今まで彼女達に、どんなに私が心配を掛けていたのか、よく分かって・・・
彼女達は、私に頑張れって今まで言わなかった。
頑張れって言葉が、私を追い詰める事を知っていたから・・・
でも本当は心配で、今いる場所で何とか頑張ってほしい・・・きっと彼女達は、そう思っていてくれて。

ずっと、何年もの間、彼女達は、黙って私を励まし、応援していてくれていたのだと感じました。

それから、いつも見守っていてくれる両親、きょうだい、祖父母、叔母・・・
帰れる場所があると思っていたから、我慢できた事がいっぱいありました。
ホッと出来る場所、甘えられる場所を、無償の愛をいつも用意して待っててくれてありがとう。
幸せになる事が、親孝行だと思っています。
幸せになれるよう、頑張るからね。

今、私は、ようやく自分の足元にある道を、歩く事が出来たように思います。
あなた達がいたから、逃げ場所をくれた人がいたから、私を肯定し、受け入れてくれた人達がいたから、時間はかかってしまったけど、今の私があると思います。

人は、一人では生きれない。
一人で生きているつもりでも、その周りでは何人もの人達が支えていてくれるのだと。

何とか、ここまでやれました。
あなた達のお陰です。
ここにありったけの感謝の気持ちを込めて、ありがとう。

2003年6月28日
▲このページの上へ Home Sitemap


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO